関西コレクションエンターテイメント

キッズコース

キッズコース

キッズコース

総合的なエンタテイメント教育
アクターやアクトレスとして、必要不可欠な感性とセンスの育成は、幼児期から児童期において学習し、吸収する力が顕著であり、その年齢でしか感じられない感性が、成長していく過程において、益々磨きがかかってきます。当アカデミーでは、そこに着眼点をおき、リズム、歌、表現などいろいろな場面から、感性を磨き、心に感じたことを自由に表現できる能力を育成してまいります。
グループレッスン
グループで行うレッスンを通じ、社会性、躾、集団の中での自我の育成、みんなで作り上げる喜びや達成感を育成してまいります。
また、レッスンでの躾を通じ集中力を見につけたり、集団の中での自分の役割を少しずつ理解していくなど、エンタテインメントとしての現場での対応力を育成してまいります。
年齢に合わせたシステムが子供から大人まで受けられます
当アカデミーでは、幼児期から大人までの、生徒一人一人の個性を配慮し、その年代その年代で最適のレッスンを行えるようなシステムを構築しております。
耳の発達する時期だからレッスンに英語の要素も取り入れました
日本人のハリウッド映画進出、さまざまな歌手の海外公演など、日本人アクターは世界へと広がりつつあります。英語などのコミュニケーションは、なるべく耳の発達する幼児期から学ぶことにより、自然と自分のものになり英語でも日本語と同じように自分の感情を表現したり、英語での会話から相手の感情を読み取ったりできるようになります。
なるべく早い段階から、遊び・歌などいろいろな場面を通じ英語の要素を取り入れ、自然に英語が身につけられるように、と考えております。
世界中のどこに行っても自分を伝えられる、たくさんの人の気持ちがわかる、いろいろな英語の歌や台詞などを自分の言葉として感じ取ってほしい、世界へはばたいてほしい。そんな願いをこめて、当アカデミーでは、プログラムの中に英語の要素を使ったレッスンも取り入れてまいります。
個性を見極め伸びるところから伸ばしていきます
子どもの学習の過程において、反復練習(反復学習)は必要不可欠なものです。また、反復して体得しきれない部分は、繰り返し学習することで、より能力が開花いたします。まだ消化しきれていないまま、やみくもに先へ進むのではなく、一つ一つの段階を確実に習得することにより、次の段階へ進んだときに、より効果的に学習することができるようになります。特に幼児期においては、子どもの成長の過程においてわずか数ヶ月の年齢差でも理解力や身体能力も顕著に違う場合があります。当アカデミーでは、子ども一人一人の成長過程において、適期に最良のレッスンを行えるようにすることを中心に考えてまいります。反復練習(反復学習)を行うことによって、「できない」「能力が劣っている」のではなく、生徒一人一人の伸びる時期を見極め、より効果的にレッスンを受講いただくためのものであります。
子どもの成長や吸収力は生徒一人一人において、すべて同じではありません、だからこそ、個々の個性をきちんと見極め、伸びる時期にしっかりと伸ばし、吸収させていくという観点の下にレッスンを行ってまいります。

幼児クラスレッスン内容

最適な時期に最適な教育
お子様一人一人の心身の発達に応じたレッスンを行ってまいります。
耳の力が著しく発達してゆく幼児期に、無理なく自然に音楽や言葉の表現などに親しませ、リズム遊びなどを通じて、体で表現することなどを習得させていきます。
総合エンタテイメント教育
「感情を表現する」「うたう」「リズムステップ」などを90分のレッスンの中でバランスよく体験できるようにレッスンは構成されています。また、現代社会において必要不可欠な英語教育も、耳の発達するこの時期に行うことが大切なので、英語のヒアリング力、表現力を高める要素もあわせてレッスンに取り入れてまいります。
グループレッスン
子どもたちは、他のお友達の歌やリズムステップ、言葉の表現などを、見聴きしたり、一緒にすることで刺激を受け、それらを積極的に楽しむことによって、意欲や自主性を育んでいきます。
また、歌などのタイミングをそろえることや、力を合わせて目標に到達したときの達成感を、グループ全員で味わうことは、「集団の一員」としての責任感を養い、社会性、協調性などを身につけていくことにもつながります。このように、集団の中でいろいろなルールや躾の教育を行ってまいります。
グループレッスンではこのようなメリットに加え、他の人の歌・台詞を聴きながら、歌ったり演じることを通して、等速感やテンポ感の育成にも大きな学習効果が期待できます。
歌・リズムステップ・言葉や感じたことを表現できる基礎学習
1.表現レッスンは、簡単な情景や言葉のセンテンスを感情を込めて表現できるような基礎練習を行います。
2.ダンスはリズムステップをもう少し深めて他の生徒と音楽に合わせ動きをそろえること、頭から足まで神経を集中させるなどの基礎学習を行います。
3.歌のレッスンでは、綺麗な声を出すこと(大きい声、小さい声)、いろいろな声を少しずつコントロールする基礎を身につけます。
あわせて、みんなで歌うことにより他の人の声を聴きながら、自分の声を綺麗に出すといった、耳のトレーニングも行います。

低学年クラスレッスン内容

総合エンタテイメント教育
先生に言われて考える指向性から、自ら考えて表現することのできる自主性の育成をメインにレッスンを行ってまいります。
応用力の育成、生徒同士で作り上げる想像力の育成、レッスンの中で生徒個々の個性に合わせた方向性を模索しながら、グループの中での自分の役割などを認識し、その中で生徒自身の個性を自然に活かせるように育んでまいります。
グループレッスン
グループレッスンの中で、協調性、自主性を育みながら、象徴的思考(イメージで事柄を思い浮かべる)から直感的思考(自分の主観、感情、外観などに左右されるもの)へと徐々に思考の方向転換をはかっていきます。
グループの中で、考えを述べ創りあげていったり、他の生徒のよいところを自分に取り入れていくことや、他の生徒のよかったところなどをより主観的に判断できる力を育成してまいります。
歌・リズムステップ・表現
低学年/高学年クラスでは、入校当初3ヶ月間は、総合グループレッスンを行いながら、歌・リズムステップ・表現を、さらに現代社会では必要不可欠な英語の要素も取り入れたレッスンを行います。
3ヶ月を経過した時点で、プロダクション、講師、保護者の3者で面談を行い、生徒の方向性を見極め、歌・リズムステップ・表現などのレッスン内容をよりニーズに合った形で進めてまいります。この時期は方向性を定めず、マルチにすべての能力を身につけさせることが必要不可欠な要素であると考えております。また、お子様にとって未知のレッスンに不安を感じられている保護者の方は、見学することも可能です。(レッスン開始から3ヶ月の間に限ります)ただし、低学年/高学年クラスの年齢では、少しずつ保護者の依存度を減らし、よりお子様の自主性を育成する為に、徐々に保護者との距離を置くことが必要です。高学年になる頃には、すべて自分で考え判断するようにと指導してまいります。
レッスン開始後半年をめどに、レッスン場では生徒と講師だけの世界の中で、生徒個人個人が行動する環境を作ってまいります。保護者の方には、レッスン状況の連絡帳を使ってコミュニケーションをとりながら、一歩さがったところでのサポートをお願いすることになります。年に数回の保護者面談の中で、お子様の方向性や成長の度合いの確認をいたします。

高学年クラスレッスン内容

総合エンタテイメント教育
先生に言われて考える指向性から、自ら考えて表現することのできる自主性の育成をメインにレッスンを行ってまいります。
応用力の育成、生徒同士で作り上げる想像力の育成、レッスンの中で生徒個々の個性に合わせた方向性を模索しながら、グループの中での自分の役割などを認識し、その中で生徒自身の個性を自然に活かせるように育んでまいります。
グループレッスン
グループレッスンの中で、協調性、自主性を育みながら、象徴的思考(イメージで事柄を思い浮かべる)から直感的思考(自分の主観、感情、外観などに左右されるもの)へと徐々に思考の方向転換をはかっていきます。
グループの中で、考えを述べ創りあげていったり、他の生徒のよいところを自分に取り入れていくことや、他の生徒のよかったところなどをより主観的に判断できる力を育成してまいります。
歌・リズムステップ・表現
低学年/高学年クラスでは、入校当初3ヶ月間は、総合グループレッスンを行いながら、歌・リズムステップ・表現を、さらに現代社会では必要不可欠な英語の要素も取り入れたレッスンを行います。
3ヶ月を経過した時点で、プロダクション、講師、保護者の3者で面談を行い、生徒の方向性を見極め、歌・リズムステップ・表現などのレッスン内容をよりニーズに合った形で進めてまいります。この時期は方向性を定めず、マルチにすべての能力を身につけさせることが必要不可欠な要素であると考えております。また、お子様にとって未知のレッスンに不安を感じられている保護者の方は、見学することも可能です。(レッスン開始から3ヶ月の間に限ります)ただし、低学年/高学年クラスの年齢では、少しずつ保護者の依存度を減らし、よりお子様の自主性を育成する為に、徐々に保護者との距離を置くことが必要です。高学年になる頃には、すべて自分で考え判断するようにと指導してまいります。
レッスン開始後半年をめどに、レッスン場では生徒と講師だけの世界の中で、生徒個人個人が行動する環境を作ってまいります。保護者の方には、レッスン状況の連絡帳を使ってコミュニケーションをとりながら、一歩さがったところでのサポートをお願いすることになります。年に数回の保護者面談の中で、お子様の方向性や成長の度合いの確認をいたします。